日雇いについて


日雇い、現在では原則禁止になったとはいえ今でも事実上の派遣の請負や

例外事項など抜け道はいくらでもある。


さて、日雇いはその名の通り日雇いなので

その日によって作業場が違うし、給料も違う。


同じ給料でも凄く楽な仕事もあるし、すごく忙しかったりきつい仕事もある。

ただ、最低ラインが在ってそこより上の給料の仕事はほぼきつい事が多い。


また楽な仕事でも担当する人間が糞だったり、同じ派遣の人間が糞だったりって場合もある。

前日に翌日の仕事を確定させるけど、最初のうちは辛いか楽かはその時の運だ。

何回か経験する事によって実際経験してきつかったり、

派遣仲間の風の噂であそこは酷いって言うのがわかってくる。


楽な現場は奪い合いだ。確認するのが遅いときつい仕事しか残ってなかったりする。

派遣会社からこの仕事どうですか?って提案される仕事も大体きつくて人が集まらないところ。

派遣で生計を立ててしまうとこういう場所でも入らざる負えなくなる。

それを避けていると1か月の給料が生活できない水準になってしまう。

おそらく1か月フルで働いて15万ぐらいか。(きつい仕事やレギュラーの勤務を避けた場合)


俺は度々仕事を辞めた時に使っていた。


この仕事(定義によっては仕事ですらないか)してて思うことは、

どんなに楽な現場と分かっていく場合でも朝憂鬱な気分になること。

結局は楽でも単純作業を8時間やることには変わらないので

物凄く長く感じる。

帰ることには体は疲れてなくても心はヘロヘロ、

きつい仕事だったら心も体もヘロヘロ。


派遣を続けていくなら俺が使ってる会社でも案件あるけど

現場固定の1か月だったり3か月半年といった長期案件って言われるものの方が

人間関係構築できて楽しみも増えるかな?

ただその場合就職活動と、着任時期に制限がされるから注意が必要。


あと現場の空気は悪かった時逃げ出せなくなる。

見学できるところだったら見学した方が良いと思う。



0コメント

  • 1000 / 1000