保育園の思い出

家ではよく喋るくせに外では全然しゃべらない人間。

割とワイルドな保育園だったんだけど、

どうも人と話すのが苦手で(お昼の時だったかな?)

外をボーっと見てた思い出が残ってる。

時間よ 早く過ぎてくれ!と切に願ってたような。


その癖が今でも治ってない。

今はまったく話せない訳じゃないけど

3人以上4人以上いる輪の中で俺が積極的に話すことはないし


手持ち無沙汰になって気まずいムードになったら

ボーっとしてひたすら時間よ過ぎろって思ってる。

流石に仕事中はボーっとしてるわけにはいかないので、

何かしてるような動作は加えてるけど本質は変わらない。



話が逸れた。

本当に誰かと話した記憶がない

1日中黙ってたんだと思う。

ただ逆に今思えばすごいな1日黙ってるのはそれはそれでかなりの苦痛だ。

今思えばといえば、あんなワイルドは保育園辞めてくれよって思うけど(笑

このころから内弁慶というか心閉ざして多様な気がするな。







0コメント

  • 1000 / 1000