階層

1億総中流と呼ばれた時代が終わって久しい。

格差社会となり、俺の住処は何処だろう?

育った家庭は中間層かな?

そこから緩やかに下降。


見上げれば上は果てしなく、

ただ足下にまだ落ちる余地がある。


今が踏ん張りどころ、と言い出して何回目だろうか。

何度も底に落ちたと思ったが、其処にはまだ落ちる余地があった。


地べたに這い蹲りながら上を見る、俺は何処まで

這い上がれるのだろうか。








なんてことを思いながら

下町の公園から駅前の超高層ビル群を眺める。


笑ゥせぇるすまんのとある話を思い出す

新宿の高層ビル群の生活に憧れる下町の青年。


喪黒福造の罠に嵌り命を落とす(笑)


心のスキマは空いてるけど

付け込まれないよう頑張ろう。

0コメント

  • 1000 / 1000