生き辛い生き難い

ユニクロ潜入一年読破しました。

久しぶりに本をしっかり読み込んだ。


読んだ感想。

企業風土や企業姿勢、オブラートに包んだ言い方をしたら疑問に思うことが多い。


包まなかったら俺は嫌い。企業としての社会的な責任を果たしていない。


と言ったところかな。



タイムリーなネタが。



極々一部ではあるがこうやって表に出てくるし

安倍政権が「働き方改革」を掲げて少しずつ是正しようって動きはたしかに効果があるのだろうな。


ただ闇に隠れた状況がまだまだ山ほどあるんだろう。


それに加えて学歴社会、新卒至上主義。



1度道から足を踏み外してしまったら

もう元には戻れない。


もう一度歩みを進めようと思っても

更に足の踏み場もないぐらい色々な罠が社会には落ちている。


生き難い社会だし生き辛い。

いつまでも家に引き籠る訳に行かないし


俺もやっとやりたいこと見つけたって思ったら

とんでもないブラック企業でした。


今の仕事が決まって良かった。


それでも完全なるやり直しはもう効かないからな。






0コメント

  • 1000 / 1000