表にある者には裏がある

と言ったら当然なんだけど。


今見えてるものだけが全てじゃなく

物事には必ず裏がある。


ただ見えないものを見ようとして

対象の裏を見ようとして見つけたとして

何処まで裏があるんだ?って堂々巡りになってしまう。


なんて抽象的な事を書いておいて

特に大きいトラウマやら実体験がある訳じゃなく


ただ単にほんの小さな表と裏を見たことがあるな~って言う

思い出話。


0コメント

  • 1000 / 1000